2011年03月07日

庖丁コーディネーター 廣瀬さん

続いて、もう一人「マルシェな人」を紹介。


【庖丁コーディネーター 廣瀬さん】
庖丁研ぎの実演をしていただきます。庖丁についてのアドバイスも。
ちなみに庖丁の「庖」の字が一般の「包」ではないのは「料理」などの意味が含まれているからだそうです。

自己紹介:庖丁コーディネーターの廣瀬 康二です。庖丁ひとつで料理の美味しさが変わる「庖丁料理文化」、庖丁の重要性を提唱し、食育の推進活動をしています。
庖丁の開発、更生修理、庖丁のパーソナル診断を行い、どんな庖丁が使い易いかをアドバイスし、その方に合わせたオリジナルの庖丁に調整し、仕立て上げます。
また、大学や料理学校などで本式の庖丁研ぎ方 講座や、幼稚園などでは保護者に向けた食育普及活動として庖丁セミナーを企画し、料理庖丁を通して食道具の在り方を伝えます。他、あらゆる所でセミナー・ワークショップを考案しています。



当日、庖丁をお持ち頂ける方がいましたら、ぜひご注意の上お持ちください。
もちろん、話を聴くだけでも一聴の価値があると思います。料理をするのが楽しくなったらいいですね。
posted by マルシェな人 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | マルシェな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一亀一遊 千田さん

次回のマルシェもいよいよあと少しに迫ってきました。
今回出店する「マルシェな人」を紹介します。


【一亀一遊 千田さん】
マルシェでは天然石と、スワロフスキーでつくるドリームキャッチャーとサンキャッチャーなどの雑貨を販売。「みんながいい夢をみて、それが叶いますように!」という願いを込めてつくっているそうです。

自己紹介:学生時代はファイヤーダンサーとして、日本、アジアでふらふら炎舞してきましたが昨年7月に京丹波町に根をおろし、主人と二人でヴィーガン(牛乳、卵も食べない菜食生活)生活を楽しんでいます。
現在、亀岡を中心に活動するパフォーマンスチーム「一亀一遊」のお母さん的存在として
京丹波を中心に活動する「SOY SOY 」のメンバーとして各地のお祭りに出没中!
気分次第で、ヴィーガンスイーツ屋さんにも変身します。
ブログ:http://lovefulrainbowmakers.blog76.fc2.com/


千田さん登場でまたバラエティ豊かなマルシェになりそうです。
posted by マルシェな人 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マルシェな人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。